べんてんの塩ラーメンは幸せになれる

成増に高田馬場の有名店だったべんてんというラーメン屋が移転してきた。移転というか一度閉店した後に、再度お店を開いたという方が正しいのであろう。

私はべんてんという有名なラーメン屋の存在は知っていたのだが、開店時間が限定的なのと、家から遠いという理由で一度も足を運んだことがなかった。

しかし成増という街は車で数十分の距離にあったので一度は食べてみようと車を走らせたのである。

さて、店の近くのコインパーキングに車を停めて、店の方に歩いてみたのだが、住宅街にあり分かり辛いはずであろう、その店の場所は直ぐにわかった。

何も店などない通りに明らかに不自然に伸びた行列があったのだ。店の入り口であろう先頭から8人ぐらいで、家の入り口をさけるために、行列を区切り、また次の電信柱から行列を作り、静かにその時を待っているのだ。

これは一体どれぐらいでラーメンにありつけるのだろう。そんなことを思いながら、その並びの最後尾に接続したのだ。

店に入るまで1時間、入ってから食券を買うまで10分、着丼まで15分というところであった。頼んだのは塩ラーメンの中盛り、前グループの盛りを見て並にすべきだった後悔するほどの盛りの良さに圧倒されたが、なんとか食べ切れた。

ものすごく出汁のきいたスープ、味の染み込んだ麺、なつかしい味のメンマ、そのどれもがたまらなく美味かったのである。もし近くに来る機会があればぜひおすすめしたい一杯である。jメール 会えない